Happpie

Happyを考える、Happpieブログ

Vegetarian & Vegan

僕は、肉を食べないベジタリアンなので、どこか他の場所に旅行したり引っ越したりするときには、まず食べるものについて考える。

もちろんこのご時世、通販でなんでも買えるし、ヤマトさんが頑張って配達してくれはるお陰で、手に入らない食料はないと言っても良いくらい。

でも、地元で採れたものをいただくというのが、自分の身体にとっても環境にとっても良いわけで、その辺りを考えないといけないわけです。

マクロビオティックの考え方にあるのが、自分の住んでいる周りで採れたものを食べるという「身土不二」というもの。
これにはすごく共感できて、そのときに採れるものが一番自然で栄養価も高いだろうし、同じ空気を吸って、同じ気温で生活してる僕らの身体に合うんだろうなというのは、スッと頭に入ってくる。

採れた場所が遠ければ遠いほど、自分の手元に届くまでにかかる燃料や、鮮度を保つためのエネルギー、傷がつかないようにとつけられる包装などの保護資材が過剰にかかってきて、それが単純に環境に負担になる。

近くで採れたものだったら、もうカゴに入れて、ざっと洗うだけで良いということだから。

なので、その辺りのことを考慮する必要があるわけです。